賃貸を面白くするためのメルクマール(本館)

不動産業界の片隅でIT化の流れに身を任せつつ、賃貸をより面白くするために、あれこれと考える。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仲介業者がこの先生キノコるには?

      _,,,......,,__
  /_~ ,,...:::; ~"'ヽ
 (,, '"ヾヽ  i|i //^''ヽ,,)
   ^ :'⌒i    i⌒"
      | ( ゚Д゚)  < 情報化に乗り遅れたおじちゃん達にもわかりやすい
      |(ノ  |)  タイトルにしてあげたよ。
      |    |   ここを仲介業者のヲチスレにするよ。
      ヽ _ノ
       U"U

いよいよ裾野へ?「街の不動産屋」のターン
の、コメント欄より。(リンク追加)

私としては街の不動産屋と言われる中小の業者のみなさんが今後の展望をどのように考えているのか、それを凄く知りたいです。

以前、「情報屋からの脱皮@街の不動産屋」というアジリ気味(笑)のログをエントリしましたが、あれは賃貸の話しであれ、成功報酬のみの仲介業務というのは、これからますます難しくなってくると思っています。
話がずれていきますが(笑)、実際にターミナル駅の客付専門業者は軒並みここ1年くらいで急激に厳しくなっているとのことです。

業者自身の口から何らかの「あるべき論」や具体的行動が出なければ、法改正をきっかけに一気に市場から退場させられる可能性すらあるように思います。酒屋やタバコ屋のように。
(協会が裏から規制緩和を阻止するのも、まぁ具体的行動ですけどねw)


【“仲介業者がこの先生キノコるには?”の続きを読む】
スポンサーサイト

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2005/10/26(水) 00:23:00|
  2. 業界情報
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

いよいよ裾野へ?「街の不動産屋」のターン

ひどいじゃないか。(泣

2005年10月21日(金)16時59分
マザーズオークションを開放IDU

不動産オークションのアイディーユーはこのほど、06年8月期(今期)から始まる中期計画を第2創業期と位置付け、「マザーズオークション」を全国の不動産会社など一般に公開していくことを明らかにした。

マザーズオークションはインターネット上で運営する不動産オークション。従来はIDUのみが利用することができたが、今後は会員になれば全国のどの不動産事業者でも利用できるようにする。入会金は30万円、毎月の会費が10万円、落札時に手数料として落札金額の0.5%がそれぞれ必要となる。

会員となった不動産業者は、売主から売却を依頼された物件を成約率が6割と極めて効率的なオークションにかけ、落札できたら、仲介手数料(両手も可)を得ることができる。これまでは物件の出展者になることはできたが、仲介手数料をIDUに支払わなければならなかった。


ちょうどこの記事が出る2時間ほど前、このスキームの導入時期や手数料配分、また代理等の場合の扱いなどについていろいろと聞いていたのに、何も明確な回答が得られなかったし、決まったら教えてくれるって言ってもらったけど、何故か今、上記サイトで知った。(笑)
私が公開を促した?(笑)ま、いいけど。

このスキーム自体は既にネット上でも話題に挙がっていて、具体的にはココが詳しい。

で、私の感想。というか疑問で、この場合IDUは媒介に入るのかな。
両手で0.5%落札手数料払う場合、業法上どういう扱いになるのか。
仲介料の一部?
ま、そのくらいどうでも良いことかも知れないが、事業用物件とオークションは非常に親和性が高いと思われ、基本的には良いアイデアだと思う。
株価がすごいことになっている(笑)のは、世間の期待の現れだろう。

ただ、この業者との提携スキームを見ると、それまでのIDUが媒介に入るかたちは、長い目で見たら無理があるような気がする。
本来、デューデリマッチングは別の仕事で、デューデリ自体には物件価格に依らない固定価格が適している。
不動産以外の商材の例からしても、ネット上のマッチング機能が整備されるにも拘わらず、総額としてこれだけの高コストを支払うのはちょっとどうかと思う。
もっと大きいトコ他が出てくるまでのいっときだけ?

不動産の「金融化」で宅建業法の適用外取引が急激に伸びている。
そろそろ宅建業法の成約報酬規定は見直しか廃止に向けて動き出さなきゃならないのでは?
不動産屋に求められている機能・役割と報酬形態が現状にあっていない。

特にある程度の規模の仲介の場合、顧客は一般的に仲介料に見合った仕事をしてもらったと感じているかどうか。
ではディスカウントしてもらえるような業者間の仲介競争は起こりえるかたちに業法は規定しているか。

以前、「コンビニが賃貸仲介業を始める日」というエントリで述べたが、異業種が参入し、サービスを向上させやすくするためにも業法の改定が必要だと思う。
そして、それはきっと郵便局が不動産屋を始める日のために行われるのかも知れない。
【“いよいよ裾野へ?「街の不動産屋」のターン”の続きを読む】

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2005/10/23(日) 07:44:28|
  2. 業界情報
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:4

ライブドア不動産をヲチするスレ

標題の通り、このエントリをヲチスレとして、以後コメント欄にて追記していくことにする。

特に注目はこの業界の様々なところからの反応。
そして楽天の動き。(笑)

ちなみに自分の立ち位置は、外から勝手に言わせてもらえば今のところココに一番近いような。
WEB2.0的な発想で場合によっては、以前妄想したコンビニの代わりにキター!って感じになるやもしれない。

以下に今現在のネットでの取り上げられ状況を。

ライブドアプレスリリース
日経ネット
Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長 不動産ブログ日記

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2005/10/15(土) 19:23:20|
  2. 業界情報
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:5

LOHAS by 教授

私は十数年余のマンションウォッチャーだが、前半は商材として、後半は一消費者として見てきた。
分譲マンションは住宅産業の中で最も「商品」として進んだジャンルだと思う。
生活に密着した必需品として捉えるならば、販売価格の内で付加価値(機能やイメージ、デザインなど)に占める割合が他の商品と比較して著しく低いように思う。
それを絶対額の大きさで補い、少ない割合でしかない付加価値の違いでマーケットを喚起し続けてきた。
と、いつものクセでついつい文体が偉そうになるなぁ。。。

要は、、、
【“LOHAS by 教授”の続きを読む】

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2005/05/05(木) 21:47:57|
  2. 業界情報
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。