賃貸を面白くするためのメルクマール(本館)

不動産業界の片隅でIT化の流れに身を任せつつ、賃貸をより面白くするために、あれこれと考える。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真会議課題への回答その2

ところで私の中では以下の式みたいな感がある。
V570=(GR21+TC1)*D/2+α
(Dはデジタル化ってことで。)

質感とか利用上とか画角的にも。(笑)
で、αの部分はおまけのズームレンズとかパノラマ機能とかね。

さて、そんなわけで本題。
前回のエントリに引き続き、というか立て続け。(笑)

Q1. 写真を楽しむことに特化した画像フォーマットの拡張子を教えてください。

hpml(hyper photo markup language)

Q2. その画像フォーマットでは今までと違う何が可能になったでしょうか。その特徴を教えてください。

画像の中にhtmlのタグなどを仕込み、WEBページ化する。
一番近いイメージはフラッシュで作られたWEBページのような機能を一枚の写真に持たせる感じ。
PhotoWalkerのようなブラウズやこういうフォトログも簡単に実現できる。(のではないかとw)

作成方法は画像編集ソフトなんかのプラグインみたいな感じで、例えば写真の中に写ってる冷蔵庫を範囲指定すると色身の差異でオブジェクト指定され、そこにテキストやらハイパーリンクやら埋め込んでいく感じ。
JAVAスクリプトやらAJAXなんかもOKってことで。

ま、言葉が繋がったように写真も繋がる感じで。
スポンサーサイト

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2006/02/26(日) 07:50:44|
  2. アイデアの素
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

写真会議課題への回答その1

というワケで、V570をゲットした。
その前回のエントリで言い忘れたが、そもそものキッカケはみたいもんというところ(@私の巡回先)でこの辺から一連のエントリに吸い寄せられたのだった。

そのみたいもんの石谷さんから今度はアカデメディアを紹介された。何だコレ、面白そうじゃん。で、コレね。

写真会議 sponsored by Kodakへのお誘い

どうやら既に定員に達しているようで残念ながら参加できないみたい。
そこでとりあえず、上記エントリにある「課題」に挑戦してTBかけて参加したつもりになってみることにする。
【“写真会議課題への回答その1”の続きを読む】

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2006/02/26(日) 06:40:57|
  2. アイデアの素
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【V570】最強のデジカメ@賃貸不動産業者

ミクシィの日記に書いたことの再録なんだけど、ちょっと熱くなった(笑)ので改めて。

ネット上の賃貸物件募集広告のあり方については古くからいろいろ模索してきたが、賃貸物件には分譲マンションなどの売買物件とは異なる要件がある。

その一番大きなものは、ひとつの物件情報に与えられた閲覧時間が短いということ。

ブロードバンドが当たり前になった今なら動画もOKかな、と思ったりもした。
UNITEDROOMSとか。
でも実際には見送った。コストと効果のバランスが悪いというか、閲覧者(お客さま)の満足度よりも業者の自己満足が強そうだから。
写ってる範囲が広ければ静止画の方が手っ取り早くて楽でわかりやすいからね。

というわけで以前、3年位前だったか、PhotoWalkerという技術を模索したこともあった。
その当時では動画よりましだったが、迷路みたいになって、やっぱ滞在時間/物件が長すぎることで却下したのだった。
【“【V570】最強のデジカメ@賃貸不動産業者”の続きを読む】

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2006/02/25(土) 17:32:06|
  2. 気になるモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

マザコンの復権機運

マザコンの逆襲をいくつか、リリーさんがキッカケか。説得力あるよ。自省。

吾輩もマザコンである、マザコン男たちよカミングアウトせよ

子供の「脳」は肌にある

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2006/02/11(土) 17:26:55|
  2. 時事トピックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。