賃貸を面白くするためのメルクマール(本館)

不動産業界の片隅でIT化の流れに身を任せつつ、賃貸をより面白くするために、あれこれと考える。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見ることと見せることの違い~ブログの機能追加

MIXIの日記(私の友人周辺のみ閲覧可)は多少他人に見せることを意識してるにせよ、基本的には私の脳内のイメージをそのまま文章にしている。
なんだっけ?そうそう「備忘録的に白昼夢を中心に記録」する場ですから。(笑)

その目的は日々の軌跡(脳内)を外部に記し、後から自分自身が「見ること」によって、より思慮深い、同じ過ちを繰り返さない、堂々巡りを起こさずブレイクスルーするような効果を今後の人生の様々な場面で期待してるのだ。(大げさか)
誹謗中傷的な表現も含め、素直に書くことがストレスを発散する役割も担う。
他人から見て価値の無い文章でも、淡々と毎日欠かさず記すことが軌跡をあぶり出すので、それを続けている。
身内周辺に限定するから出来ることのひとつだ。

一方で「見せること」というのはそれとは違う。
伝える相手は未来の自分だけでなく、主に他人だ。
両方とも、現在の自分とは違うという点で共通するが、他人はつまり世間であって、それはあまり自分には優しくないと思った方が良いわけで。
ただ、未来の自分へ向けて書く行為と全く別のものではなく、その延長線上のものだ。
ブログの普及で簡単に「見せること」ができるようになった今、「見ること」との差を意識しておいた方が良いと思うのだ。

具体的には、見知らぬ相手に対する説明的な文章を加えたり、誹謗中傷の類、公にできない情報を控えたりする必要がある。
でも今回言いたいのは「編集」という作業。

最近、ある人気ブログでこんなことがあった。人気コンテンツに紛れて作者が自分自身の日々の日記をエントリするようになったのだ。読者のおおよその反応は、「そんなものはよそでやれ」だった。
私の中の読者としての反応もおおよそ同じだ。

ごく一部のコアなファンは作者自身の日常も気になるのかも知れない。だが、ほとんどの読者は貴重な時間を惜しみつつコンテンツを見に来てるのだ。日記を書くな、とは言わないが、既存のコンテンツと棲み分けできるようにうまく「編集」して欲しい。

例えば「百式」という人気ブログでは、管理人の日常の様子は各エントリの末尾にちょこっとだけ記述するのみに止めている。
これなら、たかが日記のために新たなエントリを起こさずに済む。有名なサイトはブログであっても「見せること」に精通しているものだ。
私も是非見習いたいものだが、発信する側に回るとこういうストイックな抑制はなかなか難しい。(笑)

さらに、こういう例がある。
昔、「あめぞう」という匿名掲示板があった。
2ちゃんねるのようなフロート式掲示板のハシリで、その当時はまだ機能が未熟で1スレッドあたり10個までのレスしか付けられなかった。ただその量的制約が、常連の作る小さな「場」の雰囲気をストイックなものにして、自然にある種の「編集」効果と俳句のような美しさをもたらしていた。
1次元の時系列なレールをリニアに玉石混淆の発言がだらしなく延々と続いていく、普通の掲示板とは「濃度」が違っていた。

そこに1人の厨房が現れた。かの「ひろゆき」である。
2ちゃんねるができるちょっと前のことだ。
彼はそこであるテストをした。
1人の場違いな厨房が整然としたコミュニティをいかに簡単に壊すことが可能か、を。

その後、「場」を爆発的に広げ、結果として「濃度」を薄めたのが、2ちゃんねるだった。
おかげでより輝く玉がいくつも生まれた。ただ一方で石ころが雪崩のように押し寄せ、その玉を見つけ出すのは難しくなった。石ころの多くは「見せること」の要件を満たしていないものがほとんどだ。ここで大事なことは、玉石が重要度とは関係なく時系列に並ぶために、石ころを払いのけるのが苦痛だということだ。

そして、ブログというのは大すじで今、ココの位置なのだと思う。

2ちゃんねるの場合は、その解決策として自然に、重要なテーマに関しては「まとめサイト」と呼ばれる「編集」サイトが現れる。
ブログの場合は、トラックバックやRSSという便利な機能があるので、テーマに関するトラックバック集などを親切な誰かが用意してくれるかもしれない。
ただ、これらは自分のエントリを見てもらう手段にはならない。

ブログを世間に広く公開するなら、後で自分自身が「見ること」しか意識せずに書く単なる日記と、他人に「見せること」を意識したレベルの文章を時系列の順に垂れ流すのではなく、自分自身できちんと「編集」するべきだと思うのだ。

そして、それをたやすくするために今のブログには一つの機能を追加して欲しいと願う。
エントリごとに「重要度」というか「見せること」への度合いを意味するフラグを付ける。
日々積み重ねているエントリを、例えばカテゴリごとにそのフラグをキーにして、ソートやフィルタリングできることが「見せること」への大きな一助とならないだろうか。

既にビジネスの分野では、ブログを単なる日記ツールとしてではなく時系列の呪縛から逃れ簡易CMSとして利用しているところが増えている。
日記ツールとして使い始めた個人の利用者も、これまでに積み重ねたエントリという資産を自分に向けてだけではなく、その延長線上にある「見せること」への「編集」をしていくべきだ。
そしてブログツールの開発者は、フラグの追加という形で、それを手助けしてあげるべきだと思う。
スポンサーサイト

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2005/05/08(日) 20:25:34|
  2. アイデアの素
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mingsh.blog9.fc2.com/tb.php/16-dba0b2b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「玉ログ探しの旅」について

私はブログの巡回にHepcatというRSSリーダーを使っているが、動きが軽快で非常に重宝している。ただこういう便利なツールを使っていても、ブックマークしたブログが多くなると、日々の更新エントリをチェッ
  1. 2005/10/08(土) 17:53:10 |
  2. 賃貸を面白くするためのメルクマール

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。