賃貸を面白くするためのメルクマール(本館)

不動産業界の片隅でIT化の流れに身を任せつつ、賃貸をより面白くするために、あれこれと考える。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑕疵担保責任と契約解除の原理

例えば売買において新品の場合はパーフェクトな状態が前提だけど、中古の場合、欠陥や経年変化部分を含め、どのレベルであるかの了解事項が契約の前提となる。
了解されていない欠陥等が発見されたときに、相対的に損なわれている価値の減価分が、売主が担保すべき責任の範囲。

ちょっとくらいの「汚れ物」ならば残さずに全部食べてやる、といった必要は無くとも、「汚れ」が売買の目的を達するに支障を来さなければ相応の減価分を売主が補充すれば良い。

契約解除はあくまで、上記減価分が著しく大きく、目的を損なうほどのものである場合に、減価分の補充よりも現実的な解決手段であるときに認められるものだ。

ただし、これらは契約時点での双方の了解事項が前提で、契約以後の状況変化は原則すべて買主が危険負担を負う。

という、ちょっと堅苦しい表現で述べた上記原理を、


既に消費されてしまった超セクシーチャーハンのニュースに垣間見た。
スポンサーサイト

《ついでに人気blogランキングへどうぞ!》

  1. 2005/09/22(木) 22:05:00|
  2. 時事ネタから
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mingsh.blog9.fc2.com/tb.php/36-49dd8d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

瑕疵担保責任と契約解除の原理(その2)

【瑕疵担保責任と契約解除の原理】の続き大沢樹生と喜多嶋舞の離婚にも垣間見える。(笑)
  1. 2005/09/23(金) 15:58:47 |
  2. 賃貸を面白くするためのメルクマール

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。